分析法ライフサイクルマネージメントのための ACQUITY UPLC H-Class PLUS システム

高効率かつ高速なクオータナリーシステム

ACQUITY UPLC H-Class PLUS クオータナリーシステムは、これからもウォーターズの最も柔軟かつハイスループットな分析法開発プラットホームであり続けます。H-Class PLUS クオータナリーシステムは、堅牢な構成でグラジエントの精度を向上させました。  新規分析法の迅速な開発、多数のサンプルにおけるルーチン分析において、H-Class PLUS は、結果取得までの時間を短縮するとともに、サンプルに関する情報の深さと質を高めます。

 

必要な時に更にパワーを発揮

UPLC の分離能と速度、独立温度制御が可能な 6 本のカラムの自動選択、溶媒選択バルブによる最大 6 つの移動相選択により、ACQUITY QDa 質量分析計とピークトラッキング機能を組み合わせた ACQUITY UPLC H-Class PLUS は、数多くの分析条件を検討するのに必要なパワーを提供しつつ、厳格な分析法開発および分析法ライフサイクルマネージメント(MLCM)のステージ 1~2 のためのバリデーションを保証します。

ACQUITY CLASS

分析法ライフサイクルマネージメントのための ACQUITY UPLC I-Class PLUS システム

最高精度のバイナリーシステム

これまでの LC を超えた ACQUITY I-Class PLUS は、最小限までシステムでの拡散を抑制し、精度および定量の限界を拡げました。  ACQUITY I-Class PLUS は、高性能質量分析計の理想的なインレットとして、最高の速度、感度、分離能、およびグラジエント精度を必要とする分析のために設計されました。超高感度の微量成分検出は、このシステムを Waters Xevo TQ-XS 質量分析計と併用することで実現します。

 

ニーズに合わせたデータ解析

低濃度定量のための MassLynx Security と TargetLynx。

高分解能 MS 用に作られた、ハイスループットなターゲット定量および確認分析のための、質量分析情報を取り込み、分析し、管理し、共有するためのこの基本となるプラットホームは、規制下のラボのための全範囲の自動品質管理チェックで補完されています。

 

システム構成

I-Class PLUS および H-Class PLUS システムは同じコンポーネントを利用して、適切な性能を発揮することができます。

 

ACQUITY UPLC PDA Detector

ACQUITY UPLC PDA 検出器

ACQUITY UPLC フォトダイオードアレイ検出器(PDA)は低拡散フローセル、2D および 3D での動作が可能な幅広い波長領域、直線性を損なうことなく、広範囲のスペクトル光学系を使用して、分析種のこれまでにないレベルの微量検出および定量を実現します。

 

 

ACQUITY Qda Angled

ACQUITY QDa 質量検出器 

高分離能の分析法が不要な場合、ACQUITY QDa 質量検出器を使用して、質量の確認およびピークトラッキングができます。必要なユーザーのトレーニングは最低限で、重要な質量データがクロマトグラムのピークに自動的に紐づけられます。これにより、分析対象化合物が正しく同定、検出され、不純物が共溶出によって隠れてしまうことがなくなります。

 

 

Empower

Empower 3 クロマトグラフィーデータソフトウェア(CDS)

製薬業界をリードする CDS である Waters Empower ソフトウェアは、データのトレーサビリティーを保つとともに、カスタマイズ可能な 21 CFR 11 コンプライアンス対応ソリューションを提供し、ユーザーの要件に合わせて、安全なデータ分析・解析およびレポート作成を行います。

 

 

H-CLASS-PLUS ISM

PeakTracker を装備した S-Matrix Fusion QbD 

Empower への Fusion QbD の完全な統合により、分析法開発が大幅に加速され、以下の機能が加わるで、分析の最適化が改善されます。

  1. 完全に自動化された柔軟な実験計画法(DoE)。
  2. UV および MS ベースのピークトラッキング。自動化と最適化を実現させる強力な新技術で、LC-MS 分析法開発における PDA および MS スペクトルのデータが使いやすくなります。PeakTracker 機能。3D PDA および MS スペクトルデータに、UV ピークの結果を併用し、共溶出ピークの自動的なデコンボリューションなどを含め、自動的にピークのトラッキングを行います。
  3. 正確で保持時間ベースの分解能マップモデリング、個別のピーク分離度のモデリングその他、すべての必要な分析法のクロマトグラフィー性能要件を備えています。
  4. 重要な性能特性すべてについて、線形、非線形、および相互作用による影響など、すべての試験パラメーターの影響を即時に自動化するモデリング。
  5. 規制機関で許容される QbD の頑健性の統合。

 

 

消耗品

 

Column Standards

ウォーターズのカラムケミストリー・バイアル

すべてのカラムやバイアルが同様に作られているわけではありません。  ウォーターズのカラムは、すべてのロットについて厳格なバリデーション試験を実施して、初期の品質だけでなく、バッチ間の一貫性も確保しています。  同様に、ウォーターズの品質保証バイアルは、LC/MS を使用した不純物の試験を実施し、サンプル汚染を防ぎます。  分析法ライフサイクルマネージメントのための ACQUITY UPLC H-Class PLUS および ACQUITY I-Class PLUS システムは、分析ニーズに応じて、拡張性があり、再現性が高く、幅広い選択性の分析カラムおよびバイアルと併せて購入することが可能です。お客様のニーズに最も適したカラムケミストリーおよびバイアルを選択するには、オンラインの ウォーターズ消耗品カタログ をご覧ください。